四季彩という考え

日本の四季を感じていただける料理

四季彩イタリアン
四季彩(しきさい)という言葉を店名に加えたのは、日本の四季の移り変わりを感じてもらえるのを今まで学んできたイタリアンの目を通して、お皿で表現したいという思いからです。 その季節のうちに限られた旬の食材をできる限り生かすよう、メニューにはその時期の美味しい・食べたいと思う素材を揃えますが、ただその時期のものを並べるだけでなく「レストラン」としての価値あるものとしての提供を心がけています。
「空間と料理を楽しむレストラン」
イタリア料理をベースとして素材には日本の季節食材を多く入れ、メニュー自体はわかりやすくその時期の聞き慣れた、馴染みのある身近な食材も多く入れてます。 それをイタリア料理というフィルターを通して「レストラン」に相応しいお皿を構成し、美味しいはもちろん、目で見ても楽しんでもらい、それがご来店頂いたお客様同士の会話にもつながり、楽しいお食事をして頂けるようお皿でお手伝いできたらと思います。

季節を感じる料理でおもてなし

野菜を多く取り入れた料理

野菜を取り入れた料理
アラカルトではその時の仕入れた食材をその日のおすすめメニューとして出しておりますが、色々な旬の物を少しずつ食べて頂きたいという思いから、お店ではおまかせのコース料理を一番のおすすめとしております。
「季節を楽しんでいただけるお料理を」
旬の野菜も一皿ごとに加えることで色合い味わいにアクセントをつけたり優しく仕上げたりすることでバランスを取り、たくさんを無理なく召し上がることができ、なにより一皿ごとに季節を感じて頂ける。 おすすめがそのコースに凝縮された感じです。
「割烹イタリアンのような感覚」
イタリア料理、洋食の持つイメージのにんにく、唐辛子、バター等は余り義務的のように使いません。 代わりに生姜や柑橘類等で香りを加えたりバターの代わりに野菜の持つとろみなどを使い、重たくならずライトではあるが印象づけるコースに仕立ててます。 四季のものを取り入れ、いわば割烹イタリアンのような感覚で遊び心も入れ、組み合わせの意外性等も楽しんで頂けたらと思います。

オーナー紹介

ソムリエの資格も有する本格派のイタリアンシェフ

オーナー
【オーナーシェフ 松井隆史 プロフィール】
渡伊歴約2年、ローマを拠点に各郷土料理を学ぶ。
ワインソムリエ及び野菜ソムリエ資格を有する。
2007年宝塚にて「四季彩イタリア料理とワインのお店 LA BRACE」を開店。
ページトップへ